完全養殖クロマグロ 小学校の給食に登場

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2019.10.10 15:42

愛南町の小学校で地元産の完全養殖クロマグロを使った給食が、子どもたちにふるまわれた。

愛南町立城辺小学校では給食の前に地元の水産会社、極洋フィードワンマリンが育てた重さ35キロの完全養殖クロマグロが、登場した。そして、水産会社の社長が1ミリの卵から3年かけて50キロ程に育てる完全養殖について説明した。

献立は油で揚げたクロマグロと野菜をしょうゆベースのたれでからめた“揚げ照り煮”。このクロマグロの給食は地場産業への理解を深めてもらおうと町が愛南漁協の協力を得て実現した。愛南町の完全養殖クロマグロは主に首都圏のデパートに出荷していて、一部はアメリカにも出荷しているという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース