女子中学生切られけが 発生時刻に検問

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2019.10.04 11:20

3日登校中の女子中学生が男に切りつけられた傷害事件。男は依然逃走中で、4日朝、警察は事件発生時刻にあわせ現場付近で検問を行った。
4日午前7時前、松山市福角町の事件現場の道路には4人の警察官が立ち、「きのうこの時間に通っていないか」や「不審な男を見ていないか」など通行人から話を聞いていた。

警察によると3日午前6時45分頃、松山市福角町の路上で登校中の中学2年生の女子生徒が男に背後から抱きつかれ、刃物のようなもので切り付けられ手に軽いケガをした。警察は現場付近の聞き込みなど捜査を行っているが男はまだ見つかっていない。

一方、現場から200mほど北にある堀江小学校では、児童を車で送ったり集団登校に付き添ったりする保護者の姿が見られた。警察は小学生の下校時にも、パトカーや青パト隊での警戒を強化するという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース