登校中の女子中生切り付けられケガ 松山

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2019.10.03 12:24

3日朝、松山市の路上で登校中の女子中学生が男に刃物のようなもので切りつけられ、手にケガをする事件があった。

3日午前6時45分頃、松山市福角町の路上で通行人から「女の子が切られたと言っている」と110番通報があった。警察によると中学2年生の女子生徒が1人で徒歩で登校中、男に背後から抱きつかれ、その際に刃物のようなもので切り付けられ左手の指の付け根にケガをしたという。

女子中学生は松山市内の病院で治療を受けていて命に別条はないという。警察によると女子中学生は犯人は上下黒色の服を着ていたと話しているいう。

松山西警察署は、傷害事件として捜査しているが犯人はまだ見つかっておらず、付近の小中学校や高校などに注意を呼びかけている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース