服役刑務所から検察官脅迫の文書送付で逮捕

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2019.09.30 15:31

「命をねらうぞ」などと書いた手紙を刑務所から検察官宛に送ったとして松山刑務所に服役していた男が逮捕された。

脅迫の疑いで逮捕されたのは松山刑務所に服役していた高松市の無職 林翼容疑者(34)。高松北警察署によると林容疑者は、今月11日と17日に「命をねらうぞ」「死ぬほど、後悔させてやるぞ」などと書いた男性検察官宛の手紙を高松地方検察庁に送った疑いがもたれている。

林容疑者は30日、松山刑務所を出所したところを警察に逮捕され調べに対し「脅迫するつもりはなかった」と容疑を否認しているという。刑務所の職員は受刑者らの手紙を検査することができ、松山刑務所も今回の2通の手紙を検査したというが「詳細については、
捜査に関わるのでコメントできない」としている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース