世界自殺予防デー 働く人の電話相談始まる

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2019.09.10 14:05

9月10日は世界自殺予防デー、これにあわせ全国一斉に「働く人の電話相談室」が始まった。

松山市駅前では、通勤通学の時間帯に合わせ日本産業カウンセラー協会四国支部の会員15人が啓発活動を行った。「働く人の電話相談室」は、職場環境や人間関係などで悩む人たちの苦痛を和らげようと、毎年、世界自殺予防デーに合わせて開かれていて、近年は、勤務先でのいじめやパワハラなどに関する相談が多いという。

日本産業カウンセラー協会四国支部の五百竹洋子支部長は「1人で多くの仕事を抱えるなど負荷も多くなってきている。抱え込まないで気軽に電話を」と話していた。

「働く人の電話相談室」は10日から3日間、フリーダイヤル0120-583-358で受け付けている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース