G20会合前に 鉄道会社がテロ対応訓練

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2019.08.08 13:54

来月松山市で開かれるG20大臣会合に備え、県警と伊予鉄道がテロの標的にされやすい駅での対応訓練を行った。

このテロ対応訓練は、来月松山市で開かれるG20労働雇用大臣会合を前に松山東警察署と伊予鉄道が初めて行ったもので、警察官と駅員およそ50人が参加した。

訓練は、松山市駅に爆発物を仕掛けるという電話がかかってきた想定で行われた。駅員が、自動販売機やごみ箱、それにコインロッカーの中に不審物がないか確認した上で、それらを使用中止にしていった。そして、不審者を発見すると駅員が刺股で対抗、そこに駆け付けた警察官が不審者を制圧した。この後、現場に残された不審物を機動隊員が慎重に処理していた。

G20愛媛・松山労働雇用大臣会合は来月1日と2日に開かれる。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース