JAにしうわ 男性職員100万円着服

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2019.07.10 15:37

JAにしうわは、20代の男性職員が、家電製品の売上金などおよそ100万円を着服していたとして、この職員を先月諭旨解雇処分としたことを明らかにした。

先月30日付で諭旨解雇されたのは、八幡浜市のJAにしうわで家電製品などの販売を担当していた20代の男性職員。

JAにしうわによると、この職員は、一昨年9月、農家に販売した冷蔵庫などの売上金を着服したほか、去年8月には家電製品を転売するなどし、あわせて95万7千円余りを着服していたという。

職員は「借金の返済に充てた」などと着服を認めているという。

JAにしうわでは、今年4月にも30代の男性職員による200万円あまりの着服が発覚するなど不祥事が続いていて、JAにしうわは管理体制の強化を図り再発防止に努めたいとコメントしている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース