西予市の期日前投票所で投票用紙の交付ミス

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2019.07.06 16:24

西予市選挙管理委員会は6日に行われた参議院議員選挙の期日前投票で、誤って選挙区と比例区の投票用紙を取り違えて交付するミスがあったと発表した。

西予市選挙管理委員会によると、6日の投票開始から15分の間に訪れた6人の有権者に対し誤って選挙区と比例区の投票用紙を取り違えて交付したという。

有権者からの指摘で交付ミスに気づいたが、すでに投票を終えた11票については無効となる可能性が高いという。

ミスの原因について選挙管理委員会は、投票開始前に選挙区と比例区の投票用紙が逆に準備され、担当職員も誤りに気付かなかったためとしていて、すでに6人には直接謝罪し、無効になる可能性について了承を得たとしている。

選挙管理委員会では、今後はそれぞれの投票用紙の色と名称を表した識別シールを交付台に貼りつけるとともに、職員に注意喚起を行うことで再発防止を図ることにしている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース