参院選告示 愛媛選挙区新人3人立候補

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2019.07.04 17:13

今月21日投票の参議院議員選挙が4日公示された。愛媛選挙区には、新人3人が立候補し、17日間の選挙戦がスタートした。

愛媛選挙区に立候補したのは届け出順にいずれも新人で、タレントで自民党のらくさぶろうさん(54歳)。野党統一候補で無所属の永江孝子さん(59歳)。自営業でNHKから国民を守る党の椋本薫さん(45歳)の3人。

各候補は出陣式などで自分の政策を有権者に訴え、支持を呼びかけていた。今回の参院選では、年金問題や今年10月の消費税率10%への引き上げ、憲法改正の是非などを主な争点として論戦が交わされる見通し。

愛媛選挙区では、らくさぶろうさんと永江さんがこれまでに激しい前哨戦を繰り広げてきており激戦が見込まれている。

投票は今月21日に行われ即日開票される。なお県選挙管理委員会によると、県内の3日現在の有権者数は117万1513人で前回の参院選より2万1690人減っている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース