参院選愛媛選挙区 立候補予定者が討論会

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2019.07.02 12:51

参議院議員選挙の公示を4日に控え、1日夜松山市で2人の立候補予定者による討論会が開かれた。

日本青年会議所四国地区愛媛ブロック協議会が開いたインターネット討論会には参院選愛媛選挙区に立候補を表明している自民党新人のらくさぶろうさんと無所属新人の永江孝子さんが参加した。

テーマは社会保障など6項目。このうち、去年の西日本豪雨を踏まえた防災減災対策について、らくさぶろうさんは、洪水被害の軽減などを目的に建設された鹿野川ダムの洪水吐を例に、必要な安全対策事業は行うべきだと主張した。

これに対し、永江さんは宇和島市吉田町では砂防ダムがあったが、
メンテナンスがうまくいかず土砂災害が発生してしまった。新しいものを作るのもいいが既存施設を活かすべきだなどと訴えていた。

参議院選挙は今月4日公示21日に投票が行われ即日開票される。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース