食品ロス削減を ローソン実証実験始まる

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2019.06.11 16:56

食品ロスの削減へ愛媛から第一歩。大手コンビニチェーンのローソンが、消費期限の近い食品を買った人にポイントを還元する実証実験を全国で初めて愛媛県内の店舗でスタートした。

ローソンが11日から県内およそ200店舗でスタートした食品ロス対策が「アナザーチョイス」。

午後4時から翌日午前1時までの間にポイントカード会員が消費期限切れが近いおにぎりやお弁当を購入すると、100円につき5ポイントが還元される。

また、対象商品の売り上げの5パーセントが寄付され愛媛の子育て支援に役立てられる。

ローソンでは、全国の店舗で年間4万4000トンの食料品が廃棄されるとのことで、8月末まで行われる実験で食品ロス削減の効果が確認できれば全国展開も検討することにしている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース