来月21日投票有力、参院選の投票用紙発送

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2019.06.10 10:42

来月4日公示、21日の投票が有力視される参議院議員選挙の投票用紙が、県庁から各市町に向けて発送された。

県庁では県選挙管理委員会の職員20人が、事前に仕分けした投票用紙や、投票所で使う書類などをトラック4台に分けて積み込んだ。

今回の参議院議員選挙では、選挙区と比例区にそれぞれ普通投票用紙が125万6000枚、点字投票用紙が7700枚、船員用不在者投票用紙が2100枚用意されている。

県選挙管理委員会によると、今年3月28日現在の県内の有権者数は、前回の参議院議員選挙より2万6000人あまり減った116万6823人となっている。

参議院議員選挙は来月4日公示、21日の投票が有力視されていて、10日午後には県庁で、立候補予定者説明会が開かれることになっている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース