追跡能力など競う 嘱託警察犬競技会

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2019.05.16 12:29

警察からの要請があれば出動する嘱託警察犬の追跡能力などを競う競技会が松前町で開かれた。

重信川河川敷で開かれた16日の競技会には、普段は民間で飼われていて、警察からの要請があれば行方不明者の捜索などにあたる嘱託警察犬21頭が出場した。

競技に先立って、先月の四国大会で3位になった嘱託警察犬「アリスフォンイヨセイスイソウ号」が、遺留品の臭いを嗅ぎ分ける「臭気選別」のデモンストレーションを行った。

競技会では、「臭気選別」の他、においを頼りに犯人役が歩いた後を正確に追いかける「足跡追及」が行われ、嘱託警察犬たちが日頃の訓練の成果を披露していた。

警察によると、去年松山刑務所から受刑者が脱走した事件では、3頭の嘱託警察犬が捜索にあたったという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース