ひまわりの絆プロジェクト 園児が種まき

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2019.05.14 13:59

ヒマワリの花を育て交通安全の輪を広げる「ひまわりの絆プロジェクト」が今年も県内で始まっている。

このうち松山市勝岡町の県運転免許センターでは14日、近くの緑ヶ浜保育園の園児が花壇にヒマワリの種およそ100粒を丁寧にまいていた。

ひまわりの絆プロジェクトは交通事故で亡くなった当時4歳の男の子が育てていたヒマワリの種を全国で開花させ交通安全を呼びかけようと始まったプロジェクト。

種まきを終えた園児たちは、白バイやパトカーの乗車を体験したり交通ルールを学んだりしていた

ヒマワリは、8月に見ごろを迎え、県運転免許センターでは地域の人を招いた鑑賞会などを予定している。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース