自衛官としての決意を新たに 成人式

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2019.01.11 16:04

陸上自衛隊松山駐屯地で11日、隊員の成人式が行われた。

松山駐屯地で行われた成人式には、今年度20歳になる隊員19人が出席し、新成人を代表して川上立祥陸士長が、「責任ある社会人、そして国民の生命と財産を守る自衛官として成長できるよう、一歩一歩、歩みたいと思う」と誓いの言葉を述べた。

式の後、新成人の隊員は、それぞれ今年の目標などを発表し、重さ約10トンの大砲や、地対空ミサイル発射機を引っ張る恒例のイベントに挑戦した。

これは、新成人たちの今後の活躍を願って行われているもので、先輩隊員らの声援を受けながら、約30mを引っ張り切った隊員は、自衛官としての決意を新たにしていた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース