商売繁盛や家内安全願い 十日えびすまつり

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2019.01.10 15:09

商売繁盛や家内安全を願う「十日えびすまつり」が大洲市の神社で開かれている。

大洲神社の「十日えびすまつり」は10日、本えびすを迎え、境内には市内外から大勢の参拝客が訪れた。
参拝客は、境内にある約3メートルのえびす像に手を合わせ、商売繁盛や家内安全を祈願していた。
また、熊手や福俵などの縁起物も販売されていて、買い手が決まると手締めで景気づけをしていた。

祭りの名物は、大きな鯛がもらえる「大鯛まき」だ。
「鯛」と書かれた餅が投げられると、激しい争奪戦が繰り広げられた。
ことし、7キロの鯛を当てたのは、西日本豪雨で自宅が床上浸水の被害に遭った大洲市の女性で、「災害の無い一年になってくれたらと思う」と笑顔で話していた。

大洲神社の「十日えびすまつり」は11日まで開かれる。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース