受験シーズン本格化 県立中等教育学校入試

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2019.01.09 15:21

受験シーズンが本格化する中、県立の中等教育学校で9日、入学試験が行われた。

松山市久万ノ台の愛媛県立松山西中等教育学校では、午前8時ごろから保護者に付き添われた小学生が集まっていた。
受験者たちは、体育館で受験上の注意を受けたあと、教室に移動して最初の受験科目、作文に臨んだ。
中等教育学校の入試では、作文の他に国語や算数などの応用問題による適性検査と、グループ面接が行われた。

今年の松山西中等教育学校の入学志願者数は去年より60人多い378人で、倍率は2.36倍となっている。
このほか、今治東中等教育学校は0.73倍。宇和島南中等教育学校は0.93倍となっている。

県立中等教育学校の合格発表は、今月15日午前9時に各学校で行われる。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース