小正月 東通村 田植え餅つき踊り

この記事をシェア

  • LINE
青森2020.01.15 18:51

 1月15日は「小正月」です。
 東通村では伝統の田植え餅つき踊りが行われ、女性たちが豊作と家内安全を祈りました。

 田植え餅つき踊りは下北地方に200年以上伝わる小正月の行事です。
 東通村目名地区では色鮮やかな衣装を身にまとった婦人会の女性たちが地区の神社に踊りを奉納しました。
 女性たちは小さな臼を囲んでお囃子と掛け声に合わせて杵をふるう仕草を繰り返します。
 このあと女性たちは地区の家々を門付けし、ことし1年の豊作と家内安全を祈って踊りました。

★目名婦人会
  菊池美智子 さん
「健康が第一だと思うのでみんなが幸せに暮らせるようにそれだけです願うのは」

★目名地区総代
  奥島勝義さん
「大きな災害もなく大豊作で地域がもう少し元気になってほしいと
願っています。歴史に残るような良い年になってほしいと思います」

 東通村の田植え餅つき踊りは集落ごとに受け継がれ、16日も行われます。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース