むつ市 ロボットとオーナー ツアーへ

この記事をシェア

  • LINE
青森2020.01.14 18:09

 去年、50体の小型ロボットがむつ市の観光地を巡り、好評だったことを受けて、今度はロボットとオーナーがともに巡る観光ツアーが行われることになりました。

 これはむつ市長の定例会見で発表されたものです。
 発表したのはむつ市がオーナーの小型ロボット「むつホン」です。

★むつホン
「大間のマグロや下北のおいしいものを食べたりできればきっとオーナーさんも喜んでくれると思うんだ」

 去年10月、会話機能や通信機能が搭載された50体の小型ロボット「ロボホン」がオーナーに代わってむつ市の恐山など観光地をめぐる旅をしました。
 オーナーたちはロボホンの旅を専用サイトから確認し、好評を博しました。
 その後、アンケートを行ったところ4割近いオーナーが「実際にむつ市に行く予定」と答えたことから、ロボホンとオーナーが
一緒にむつ市をまわるツアーが実現する運びになりました。

★むつ市
  宮下宗一郎 市長
「実際アンケートをとったら4割ほどの人が(むつ市に)来てみたいというような話でしたのでロボットが行った先々に案内するそういうイメージです」

 詳しい日程などは今後決められますが、ツアーの開催はむつ市の交流人口の広がりにつながると期待されます。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース