かかしロード280 小学生が制作

この記事をシェア

  • LINE
青森2019.07.12 18:26

青森市では小学生たちが国道280号沿いに飾る「かかし」を作り地域を元気にする活動に理解を深めました。

「かかし」作りを行ったのは青森市の油川小学校の5年生86人です。
10のグループに分かれた子どもたちは発泡スチロールやペットボトルなどを使って「かかし」を作りました。
地元を通る国道280号沿いでは商店街などの人たちで作る「かかしロード280実行委員会」が2007年から地域を宣伝しようと「かかし」を飾っています。
子どもたちは実行委員会の人から「かかし」作りのコツを教わりながら「伊達政宗」や「紫式部」などのかかしを作りました。
完成した「かかし」はどれも個性あふれる作品ばかりで子どもたちは仕上がりに満足していました。

★油川小の児童は…
「まず最初に木を切るところでしっかりと切れたので良かったです」
「髪を作るときになかなかくっつかなくてたいへんだったけど、設計したようにできたので良かったです」

子どもたちが作った「かかし」は9月1日から国道280号沿いに並べられます。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース