アカイカ 今シーズン初水揚げ

この記事をシェア

  • LINE
青森2019.07.11 18:46

北太平洋で今シーズン獲れた加工用のアカイカが八戸港に初水揚げされ、価格は去年の平均をやや上回る好調な滑り出しとなりました。

水揚げしたのは八戸港所属の中型イカ釣り船「第21正進丸」184トンです。
「第21正進丸」は5月に八戸を出港して北太平洋で漁獲し、船内でアカイカ120トンを冷凍していました。
入札の結果、価格は耳と足を取り除いた胴体の部分が10キロ当たり平均5226円と去年夏の平均4800円をやや上回りました。
関係者は不漁が続くスルメイカに代わり好調な滑り出しとなったアカイカの今後の漁に期待を寄せています。

★丸吉 関川順悦常務
「この程度の相場であればスルメに勝つのではないかと。期待できると思います」

北太平洋には八戸港所属の21隻が操業していて、アカイカの水揚げは7月末にピークを迎えます。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース