弘前・北大通りのラベンダー見頃

この記事をシェア

  • LINE
青森2019.07.11 12:16

 弘前市の市道、通称・北大通りに植えられている2万本のラベンダーが紫色の絨毯を敷き詰めたように咲きそろい見頃を迎えています。
 弘前市の国道7号神田高架橋と土手町を結ぶ市道、通称・北大通りの中央分離帯には、2万本のラベンダーが植えられています。
 花は、6月下旬に咲き始め、いまが見ごろです。
 長さ2キロにわたって紫色の絨毯を敷き詰めたような帯が続き、
風に揺れながらラベンダー特有のほのかな甘い香りを漂わせています。
 「ラベンダー通り」とも呼ばれ親しまれる北大通の紫色の帯は、
ことしも行き交う市民やドライバーの目を楽しませています。
 ラベンダーは、秋にも花を咲かせるため、弘前市では7月中に花を刈り取ります。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース