澤田陣営幹部2人起訴

この記事をシェア

  • LINE
青森2019.06.12 19:19

県議会議員選挙を巡る現金買収事件です。三戸郡選挙区で当選した県議会議員で、逮捕された澤田恵容疑者の陣営の幹部2人が公職選挙法違反の罪で起訴されました。

起訴されたのは三戸町同心町の無職、小舘敏夫被告69歳と、三戸町梅内の農業、越後一雄被告74歳の2人です。
4月に投票が行われた県議会議員選挙で、三戸郡選挙区で当選した澤田恵容疑者の陣営幹部を務めていた2人は告示前の2月14日から3月上旬にかけて投票と票のとりまとめを有権者9人に対し依頼しました。
そして、その見返りとして現金3万円ずつ、あわせて27万円を渡すなどした公職選挙法違反の罪です。
この事件では、2人のほかにも澤田恵容疑者などあわせて4人が選挙運動の報酬として現金数万円ずつを受け渡した公職選挙法違反の疑いで逮捕されました。
警察は処分保留で釈放した現職の三戸町議会議員2人についても在宅のまま捜査を続けており、資金の出どころや役割など事件の全容解明を進めています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース