ザンビア共和国が丸森町に寄付金贈呈

この記事をシェア

  • LINE
宮城2019.12.03 19:17

丸森町が東京オリンピック・パラリンピックのホストタウンとなっているザンビア共和国の大使が3日、町役場を訪れ、保科町長に寄付金40万円を手渡した。丸森町では8年前から耕野地区の農家を中心にザンビアの農業研修生も受け入れている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース