IWC脱退後初の南極海調査へ出港

この記事をシェア

  • LINE
宮城2019.12.02 18:31

IWC国際捕鯨委員会脱退後初の南極海でのクジラ資源調査のための調査船「第二勇新丸」が塩釜港から出港。今年6月の脱退で日本近海の商業捕鯨を再開し南極海での調査捕鯨は断念したが調査は継続の必要があるとして実施。個体数の確認などで捕鯨は行わない。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース