津波にも備える東部復興道路が開通

この記事をシェア

  • LINE
宮城2019.11.30 17:30

台風19号による被害で開通が延期されていた仙台市の東部復興道路が全線で開通。宮城野区蒲生から閖上大橋までのおよそ10キロの区間で6メートルかさ上げされ津波に備える機能も持つ。東部復興道路の開通で仙台市の震災関連の大型事業はほぼ完了する。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース