仙台港で大型客船の火災想定した救助訓練

この記事をシェア

  • LINE
宮城2019.11.28 19:18

訓練は仙台港で大型客船とタンカーが衝突、火災が発生し多数の乗客が負傷した想定で実施。海上保安庁など9つの機関から150人が参加した。仙台港には乗客1000人超のクルーズ船も入港していて、万が一の事態には多くの機関の連携が欠かせないという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース