台風被害の稲わらをセメント製造に

この記事をシェア

  • LINE
宮城2019.11.28 12:19

大崎市で台風19号で大量に発生した稲わらの廃棄物がセメント製造に利用できるかどうかの試験が始まった。岩手のセメント工場に送に送り稲わらが燃料として使えるかを確かめる。また燃えた後の灰もセメントの原料の一部に利用できるかを確かめる。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース