新春祝う 民謡の祭典

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.01.13 18:54

 新春を祝う恒例の「民謡の祭典」が13日富山市で開かれ、愛好家らが自慢のノドや踊りを披露しました。



 この催しは、北日本民謡舞踊連合会の加盟団体が全国各地の民謡などの郷土芸能を披露するものです。43回目のことしは県内16団体からおよそ300人が参加しました。
 会場では愛好家たちが、越中おわら節や麦や節などの県内の民謡のほか、青森県の俵積み唄や宮崎県の稗搗節など、東北や九州の民謡を披露しました。

 また特別ゲストとして、民謡の宝庫といわれる島根県の隠岐島から民謡協会のメンバーが招かれ、のびやかな歌声と軽妙な踊りに会場からは大きな拍手がわき起こっていました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース