アイガモを水田に 園児がコメ作りを学ぶ

この記事をシェア

  • LINE
福島2019.06.13 17:09

会津若松市では、こども園の園児らがアイガモのヒナを水田に放った。
会津若松市のすとう農産の水田を訪れたのは、ザべリオ学園こども園の園児およそ60人。
水田では、25年ほど前から、アイガモに水田の雑草や虫を食べてもらい、無農薬で稲を育てている。
きょうは、澄み切った青空をのもと園児がアイガモを放つ体験をした。
*園児は
「楽しかった」
「ふわふわだった」
*すとう農産・須藤健さん
「コメがどうやってできるのかを、触れる機会もないと思うので感じてもらえれば」
水田では来月まで、160羽のアイガモたちがコメ作りに活躍するという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース