須賀川の商業施設 強盗傷害事件で男逮捕

この記事をシェア

  • LINE
福島2019.03.13 19:46

事件発生からおよそ半年後に逮捕。
去年、須賀川市の商業施設の駐輪場で男性らが襲われ現金を要求された事件で、23歳の男が逮捕された。
東京都内から身柄を移される男。
強盗傷害の疑いで逮捕された、本籍が玉川村の大竹裕登容疑者。
去年9月、須賀川市の商業施設の駐輪場で、大学生など3人に暴行を加えて金を要求し、打撲などのケガを負わせた疑いがもたれている。
大竹容疑者は何も奪わずに逃走したが、その1か月後、東京都内で傷害事件を起こし、逮捕されていた。
捜査関係者によると、目撃情報などから大竹容疑者の関与が強まり、身柄を移したという。
調べに対し、大竹容疑者は容疑を認めていて、警察が動機を調べている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース