県内各地で「どんど焼き」無病息災など願う

この記事をシェア

  • LINE
福井2020.01.11 11:05

坂井市内の神社で正月の飾り物を燃やす「どんど焼き」が行われ、参拝者らが今年1年の無病息災などを祈願しました。


坂井市三国町の氷川神社ではけさ、左義長に火がつけられ、参拝客らがしめ縄などの縁起物を次々と火の中に入れていきました。

どんど焼きの燃え盛る炎で体を温めますと願い事がかなうとされ、訪れた人たちは、今年1年の無病息災や商売繁盛などを祈願していました。

ところで、氷川神社ではこれまで七草の日の1月7日早朝に、どんど焼きを行ってきました。

しかし、平日の時には人手が集まらないことも多く、今後は1月の第2土曜日とすることで、より多くの人に参加してもらえればと話しています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース