沿岸で漁船や防波堤に被害~強風から一夜

この記事をシェア

  • LINE
福井2020.01.09 15:48

強風の被害が相次いだ県内は、きのうの深夜から未明にかけて海が大しけとなり、越前海岸では陸揚げしていた漁船に高波の被害が出ています。

このうち越前町の玉川漁港では、港に陸揚げしていた漁船が大きく傾いたり、船同士がぶつかって壊れたケースもみられました。

漁船が被害にあった漁師は、「船を修理するといっても大変だし、元に戻すにはクレーン車を持ってこなければならない」と話していました。

福井地方気象台によりますと、きのうの夜遅くから未明にかけて、嶺北の海岸沿いでは7メートルを超える波を観測したということで、防波堤の一部が前後にずれる被害が出ました。

今が書き入れ時の、かに料理の専門店も大きな被害を受けました。

店主は「バシャンと大きい音がして、そのあと家が停電して何事かと思って見たらこのありさまで、ガラスがみんな割れている」と話していました。

けさからは越前海岸の地元の住民が、壊れた漁船や流れ着いたゴミの後片付けに追われていました。

越前町漁協によりますと、高波の被害を受けた船は全体の1割にあたる30隻にのぼるということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース