坂井北部丘陵地で季節外れのヒマワリ

この記事をシェア

  • LINE
福井2019.12.02 10:38

冷たい雨が降る中、坂井北部丘陵地のヒマワリ畑では、夏の刈り取りで落ちた種から再び300本ほどが育ち、季節外れの花を咲かせています。


ヒマワリが咲いているのは、坂井市三国町池上のフルーツライン沿いにある「ひまわりパーク」です。

ここでは、地元の人たちが夏の観光客向けに1ヘクタールの畑でヒマワリを育てていて、見ごろが終わった8月に刈り取りました。

この際にこぼれた種が成長し、冬に入ってから300本ほどが季節外れの花を咲かせました。

ヒマワリの背丈は、30センチから50センチと夏に比べて4分の1の高さで、直径も半分ほどですが、鮮やかな黄色い花が冷たい雨にしっとりと濡れていました。

季節外れのヒマワリは、今月中ごろまで楽しめそうです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース