小浜市内の自動車整備工場でセアカゴケグモ

この記事をシェア

  • LINE
福井2019.11.29 18:10

猛毒の特定外来生物、セアカゴケグモが小浜市内の自動車整備工場で見つかり、県が注意を呼び掛けています。

今月26日に整備していた軽自動車の車体下から、メス1匹と卵を従業員が見つけました。

セアカゴケグモは神経毒を持つ特定外来生物で、咬まれると激しい痛みや吐き気を引き起こし、子どもやお年寄りは重傷化する恐れもあります。

見つかった軽自動車は普段は関西で使用されていることから、県は県内の定着の可能性は低いとみていますが、見つけても近寄らないよう注意を呼び掛けています。

なお県内でセアカゴケグモが見つかったのは、2014年7月に福井市内で確認されて以降2例目です。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース