保育無償化など福井県少子化対策が対象拡大

この記事をシェア

  • LINE
福井2019.11.28 15:58

3人目の子どもの保育料や健診費用を無料にする県の少子化対策は、来年度から対象を2人目の子どもまで広げることになり、子育て世代の負担軽減を目指します。

県はこれまで3人目の子どもについて、出産前までの健診費用や小学校入学までの保育料を無料にする、「3人っ子応援プロジェクト」を進めてきました。

この支援策の対象を2人目の子どもまで広げる方針を、きょう開会した12月定例県議会で杉本知事が説明しました。

県は具体的な支援計画を年度内にまとめ来年度からスタートする方針で、子育て世代の負担を減らすることで少子化対策を一層加速させる方針です。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース