福井市の大安禅寺に一足早く門松

この記事をシェア

  • LINE
福井2019.11.28 15:04

今年も残すところ1か月あまりとなる中、福井市の大安禅寺には一足早く門松がお目見えし迎春ムードが漂っています。

福井市田ノ谷町の大安禅寺に登場したのは、高さ2.2メートルの大きな門松です。

今年は国の重要文化財に指定されている本堂などの大規模な修復工事が進められているため、これまでの寺の入口から仮の本堂に通じる菖蒲園の入口に場所を変えて設置しました。

けさは庭師と檀家の人たちが、縁起が良いとされる竹をはじめ松や葉ボタンそれにナンテンなどを飾り付けて仕上げていました。

来年に向けたテーマは「無事」で、何事も自分の心のあり方次第で  無事と言える心境を大切にし、次世代の礎を築ける年にして欲しいとの願いが込められています。

けさは県外から参拝客が訪れ、一足早く迎春ムードを味わっていました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース