CSF対策で豚ワクチン費用など総額24億円補正予算提案 愛知県議会

この記事をシェア

  • LINE
愛知2019.12.04 08:31

 愛知県の定例議会が3日開会し、CSF(豚コレラ)の感染を防ぐ費用を柱とする総額24億6800万円余りの一般会計補正予算案が提出されました。

 予算案にはCSFの緊急対策として豚へのワクチン接種費用など2億5800万円余りが計上されています。

 今年10月から始まったワクチン接種では、これまで農家の費用負担はゼロでしたが、県は来年1月から1頭あたり300円の手数料を徴収する条例改正案も提出しています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース