「人工透析施設存続を」患者ら陳情 愛知・東栄町の医療センター

この記事をシェア

  • LINE
愛知2019.12.04 08:11

 人工透析施設が閉鎖される愛知県東栄町の東栄医療センターをめぐり、透析患者代表ら11人が3日、透析患者の受け入れ継続を求め、村上孝治町長に陳情書を提出しました。

 東栄医療センターは、奥三河地方の3町村で唯一、人工透析が可能な施設で、近隣の静岡県からも患者が通院しています。

 人口減少が続く中、町は医療センターの整備計画を進めていて、当初は人工透析の施設は維持される予定でしたが、今年9月、医療スタッフの不足などから閉鎖が発表されました。

 村上町長は施設の維持は難しいとしながらも「患者にできる限りのサポートをしたい」と話しました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース