区画整理事業の土地を無免許で売却、組合理事ら逮捕 名古屋・港区

この記事をシェア

  • LINE
愛知2019.11.28 17:00

 名古屋市港区の茶屋新田土地区画整理区域内で、県知事などの免許を受けずに土地取引を行っていたとして、警察は28日、整理組合の理事・武田秀春容疑者(68)ら2人を、宅地建物取引業法違反の疑いで逮捕しました。

 武田容疑者が経営する実質経営する2つの会社を通して、約2700平方メートルの土地を法人などに売却し、約8200万円の利益を得ていたとみられています。

 調べに対し2人は容疑を認めているということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース