吉野彰教授にノーベル化学賞 お祝いの垂れ幕 名城大学

この記事をシェア

  • LINE
愛知2019.10.10 12:00

 今年のノーベル化学賞に選ばれた吉野彰さんが教授を務める名城大学では10日、受賞決定を祝う垂れ幕が設置されました。

 9日、ノーベル化学賞の受賞が決まった吉野さんは名城大学の教授でもあり、10日午前9時に学生たちも見守る中で、名古屋市内にあるキャンパスに受賞を祝う垂れ幕が設置されました。

 ある男子学生は「僕の在学中に教授陣がノーベル賞をとられるなんて予想もしてなかったので本当におめでたいことだとおもいます」と話していました。

 吉野教授は毎週月曜日に講義を担当していて、受賞決定後の初めての講義となる14日は、大学で簡単なセレモニーも予定しているということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース