3800万円強奪事件 男3人を窃盗罪で逮捕・起訴 名古屋地検

この記事をシェア

  • LINE
愛知2019.10.09 11:57

 去年11月、名古屋市中区の路上で現金約3800万円が入ったショルダーバッグが奪われた事件で、愛知県や名古屋市に住む20代の男3人が逮捕され、窃盗の罪で起訴されていたことがわかりました。

 この事件は去年11月、中区栄の路上を歩いていた男性(79)が背後から近付いてきた男に体当たりされ、現金約3800万円が入ったショルダーバッグを奪われたものです。

 現場付近の防犯カメラには、走り去る上下黒い服装の人物が映っていて、警察が犯人の行方を追っていました。その後の捜査関係者への取材で中川区の会社員・山口渉被告(25)、同区の無職・樋口和人被告(25)、愛知県津島市の建設業・城侑希被告(26)が事件に関与したとして逮捕され、窃盗の罪で起訴されていたことがわかりました。

 現金は男性と一緒にいた知人女性が不動産取引に絡み金融機関で受け取っていたもので、警察は3人のほかにも関わった人物がいるとみて捜査しています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース