普通列車が停車予定の駅を誤って通過 名鉄・西尾線

この記事をシェア

  • LINE
愛知2019.10.08 17:26

 8日午前6時半すぎ、名鉄西尾線の新安城発吉良吉田行きの普通列車が、停車するはずの西尾口駅を誤って通過しました。同乗の車掌が気づき、列車は約380メートル過ぎて止まりましたが、そのまま進みました。

 降りる予定の乗客2人は次の駅で降り、西尾口駅で乗車予定だった1人は、臨時停車した後続の回送列車に乗りました。

 運転士は「普通列車」を「急行」と勘違いしたということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース