“不自由展”再開へ 金属探知機で入場者検査 あいちトリエンナーレ

この記事をシェア

  • LINE
愛知2019.10.08 11:59

 「あいちトリエンナーレ」で中止となっていた企画展「表現の不自由展・その後」が8日午後2時10分から再開されることになりました。

 8月に開幕した「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展」は抗議が殺到し、安全が危惧されるとして3日で中止されました。

 中止の決定に抗議していた企画展側と愛知県側で再開に向けて協議。来場者の安全管理などで合意できたことから再開が決定しました。

 再開にあたっては、整理券での抽選で入場者を1回30人までのガイドツアー形式にするほか、金属探知機で身体検査をするなどセキュリティー対策を万全にするとしています。

 一方、再開を反対していた名古屋市の河村たかし市長は、この決定に対して座り込みなど抗議活動を行う構えを見せています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース