生後6か月の長男虐待か、父親(21)逮捕 愛知・弥富市

この記事をシェア

  • LINE
愛知2019.07.10 00:28

 愛知県弥富市の住宅で、当時生後6か月の長男の太ももに噛みつきけがをさせたとして、父親(21)が9日、逮捕されました。

 傷害の疑いで逮捕されたのは、愛知県弥富市の作業員・伊神佑治容疑者(21)です。

 警察によりますと、伊神容疑者は6月10日午後、自宅で当時生後6か月の長男の太ももに噛みつく暴行を加えけがをさせた疑いがもたれています。

 事件の翌日、同居する妻(18)が自宅でぐったりしている長男を病院に連れていき、頭蓋骨を骨折していることなどを不審に思った病院が、その後、愛知県津島市の児童相談所に連絡し事件が発覚しました。

 調べに対し伊神容疑者は「間違いありません」と容疑を認めていて、警察は日常的に暴行がなかったかなど調べを進めています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース