「窓にハエ」住宅から腐敗した遺体発見 名古屋・中村区

この記事をシェア

  • LINE
愛知2019.07.10 06:02

 9日午後、名古屋市中村区の住宅から腐敗した遺体が見つかりました。警察は、遺体はこの家に一人暮らしの男性(70)とみて身元の確認を急いでいます。

 警察によりますと、9日午後6時半ごろ、名古屋市中村区の無職・矢嶋俊明さん(70)の住宅で「窓にハエがたかっている。インターホンにも応答がない」と、民生委員の女性から通報がありました。

 警察官が駆け付けると、玄関のドアに鍵はかかっておらず、玄関と居間を区切るガラス引き戸に頭から突っ込んで倒れている腐敗した遺体が見つかりました。

 この家に一人暮らしの矢嶋さんと連絡がとれなくなっていて、警察は、遺体は矢嶋さんとみて身元の確認を急ぐとともに、事件と事故の両面から捜査しています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース