花火玉の重さにビックリ! 花火師紹介する企画展 三重・尾鷲市

この記事をシェア

  • LINE
三重2019.06.09 18:50

 夏の花火シーズンを前に、打ち上げ花火を手がける花火師の仕事を紹介する企画展が、三重県尾鷲市の県立熊野古道センターで開かれています。

 企画展「熊野の花火 伝統を守る花火師たち」は、毎年8月に熊野市で開かれる熊野大花火大会など、打ち上げ花火を手がける地元の花火師の仕事を知ってもらおうと開かれているものです。

 会場には、花火の製造工程や技について紹介するパネル展示のほか、打ち上げに使う大小さまざまな筒など約250点が展示されています。

 実際に花火玉を持ち上げることができるコーナーもあり、訪れた人はその重さに驚いていました。

 この企画展は6月23日まで開かれています。入場は無料。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース