熊野灘で「ヒジキ」収穫が最盛期 三重・紀北町

この記事をシェア

  • LINE
三重2019.04.11 08:48

 三重県紀北町の熊野灘に面した荒磯一帯で10日、「ヒジキ」の収穫が最盛期を迎えています。海藻の「ヒジキ」の収穫は、潮が引き始めるのを待って、船で磯場に向かい30センチほどに伸びたものを鎌で手際よく刈り取ります。この日は、1時間ほどで約1トンを収穫。船いっぱいに積み込み陸揚げしたあと港で天日干しにしました。地元の商店では、今年は例年より少ない3トンから4トンの「乾燥ヒジキ」の生産を見込んでおり、注文販売で全国に向け出荷されます。この「ヒジキ」の収穫作業は、5月中旬まで続くということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース