熱射病から児童らを守れ 小中学校のエアコン設置進む 豊田市

この記事をシェア

  • LINE
愛知2019.03.15 17:04

 愛知県豊田市では小中学校にエアコンを設置する工事が進められています。去年7月、校外学習から戻った小学1年生の男子児童が教室で意識不明となりその後、熱射病の疑いで死亡しました。この問題をうけ扇風機しかない教室にエアコンの設置を求める声が相次ぎました。豊田市では春休みやゴールデンウィークに工事を本格化させ、6月までにすべての小中学校にエアコンを設置する予定です。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース