天白養護学校の暴行教諭に罰金30万円判決 名古屋地裁

この記事をシェア

  • LINE
愛知2019.03.14 17:04

 名古屋市天白区の天白養護学校で、生徒に暴行を加えたとされる養護学校教諭・稲垣達雄被告(60)に名古屋地裁は14日、罰金30万円の判決を言い渡しました。起訴状などによると、稲垣被告は2017年、養護学校の校庭で男子生徒の足を踏みつけるなどし、暴行の罪に問われています。近藤和久裁判官は「養護学校で教育を受ける権利が、ベテラン教師により侵害されるという痛ましい結果を招いた」と判決理由を述べました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース